Geannは蛇口セラミックカートリッジの構造を検査するためにどの手順を踏んでいますか? | シンク&トップウォーターシャットオフ配管バルブメーカー | Geann

ハンドヘルドバーストテスト機 | 二重ハンドル真鍮/セラミックカートリッジメーカー | Geann

Geannは、蛇口のセラミックカートリッジの構造を検査するためにどのような手順を踏んでいますか?

ハンドヘルドバーストテスト機
ハンドヘルドバーストテスト機

バーストテストは、蛇口のセラミックカートリッジの特性の重要な評価です。 バルブがパイプラインの終端で急に閉じると起こるウォーターハンマー効果による漏れを防ぐよう設計されています。 蛇口については、弁カートリッジを2つのテスト条件にさらします:弁の閉鎖と出口の閉鎖(エンドポイントクローズ)です。 もしセラミックディスクが分岐の目的で使用される場合、破裂試験は必要ありません。 私たちのデザインチームは、カートリッジ本体の構造を細心の注意で検査し、シール部分の滑らかさを重視しています。 これらの要素は、バーストテストに合格するために重要です。 製造中、品質保証チームは定期的にカートリッジを総合的にテストし、最高の基準を守ることを確認しています。

ASME112.18.1の試験基準
ASME112.18.1 の条項によれば、継手は永久的な歪みや圧力エンベロープの破損なしに、500 psi で指定された圧力で 1 分間静水圧試験に耐えなければならないと定義されています。
EN817の試験基準
まず、カートリッジを閉じた状態でミキシングバルブをテスト回路に接続し、機械バルブの入口に静水圧2.5±0.05 MPaを加え、60秒間維持します。その後、バルブに永久変形がないかを確認します。
AS3718のテスト基準
テストパイプラインにカートリッジを取り付け、圧力システムに接続してください。 まず、パイプ内の空気をすべて抜き、バルブを閉めてください。 蛇口を開け、80±2℃の温水を2L/分以上の流量で30分間流します。ただし、冷水のみとマークされた蛇口は40±2℃でテストする必要があります。 蛇口接続から100mm上流の地点での水温を測定し、流れる温度を確認してください。 次に、蛇口を閉め、3MPaの圧力をかけ、この圧力を60分間保持してください。 最後に蛇口を分解し、破損がないか目視で検査します。

私たちと協力する準備はできていますか?お客様のニーズに合わせた蛇口セラミック カートリッジまたは OEM/ODM 精密部品については、今すぐお問い合わせください。ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


プレスリリース