蛇口のセラミックカートリッジの設計は温度感度にどのような影響を与えますか?| シンク&トップウォーターシャットオフ配管バルブメーカー| Geann

温度の微調整 | 二重ハンドル真鍮/セラミックカートリッジメーカー | Geann

蛇口のセラミックカートリッジの設計は温度感度にどのような影響を与えますか?

温度の微調整
温度の微調整

感度テストは、蛇口バルブカートリッジの温度制御の精度を評価します。セラミックディスクの設計は、この感度を実現するために重要です。ハンドルの長さは温度に影響を与えることがありますが、設計段階では、水の逆流やシール面積などの考慮事項を優先し、最適な感度を保証します。特に、34°Cから42°Cの間で、当社の蛇口バルブカートリッジは競合他社を凌駕し、世界的に類を見ない感度を誇っています。

ヨーロッパ市場の感度要件

欧州市場で主に採用されているEN817規格によると、温度試験範囲は34°Cから42°Cまでであり、これは最も多くのエンドユーザーによって利用される範囲です。 温度の考慮とは別に、給水圧力は 0.3±0.02Mpa (3±0.2bar) に設定されています。 ハンドルは秒速0.5度で操作され、詳細な変動が記録されます。 温度制御装置が動作範囲を完了すると、元の位置に戻されます。 これらのデータポイントは、感度曲線の作成に利用されます。
温度範囲が 34°C ~ 42°C の場合、洗面器/シンク制御デバイスの最小振幅移動は 10mm ですが、シャワー/バス制御デバイスでは 12mm が必要です。 Geann のシングル レバー カートリッジは、34°C ~ 42°C の温度範囲内で 20° の動作角度を誇ります。 当社のカートリッジは、この範囲でユーザーに広範な調整範囲を提供します。 したがって、Geannの高感度カートリッジを使用することで、ユーザーは簡単に目的の温度を微調整することができます。


プレスリリース